シッポたちとの日々

毎日忙しく働くかたわら、犬猫11匹と暮らす。 時には犬猫を保護したり、里親探しをしたりの日々。 里親探しや日々思うことについてのページです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひどい再会

先日、ハッピーが無事見つかった話を書いたが、今度は、飼い主の元へ帰ったのに、1年後にひどい再会をした話。

1年前に江戸川区で保護されたるんちゃん。
hogo00.jpeg
hogo01.jpeg
hogo02.jpeg


明らかに飼われている様子なのに、人慣れしていなかった。
飼い主が見つかった時、保護したMさんは、飼い主に聞きたいことは山ほどあれど、「とにかく、るんが飼い主を見て、シッポを千切れんばかりに振って喜んだら、何も聞かずに、何も言わずに引き渡そう・・。」と決めた。

去年の3月、うちの近所で保護されたかりんちゃんも、飼い主が現れた時、できれば飼い主宅へお届けしたいと思ったが、千切れんばかりに尾を振ったため、その場で引き渡すことになった。

Mさんは、るんちゃんを保護した時、普通の飼い犬には見えなったため、今後の対応について、インストラクターに相談し、接し方やコマンドの入れ方などの指導を受け、覚悟を新たにしていたのだ。
lun01.jpeg
lun02.jpeg
lun05.jpeg


るんを迎えに来たのは、飼い主の娘さん(20代)だった。
警察には届けていたそうだ。
で、るんだが、飼い主を見て無表情。飼い主も余裕の表情。
「どこにいたの?心配したんだよ~」もなし。
名前はリッチだと。この名前、後から皮肉みたいに聞こえるよ。

お嬢ちゃんは、うるさいポメラニアンを連れてきていた。
るんと違い、綺麗にトリミングされている。
るんは保護時、飼われていたとは思えない汚さだった。

フロントラインの後にシャンプーしたら、毛の中からノミの死骸やら、細かいゴミやら出てきて、抜け毛は、破けた羽毛布団の中身のように、モワモワと落ちてきたそうだ。

飼育状態は、かなりきな臭い。


見違えるように、綺麗に変身したるんを見ても、感嘆の言葉もなく、感動の再会とはほど遠い空気があった。
lun03.jpeg
lun04.jpeg


そしたら、
「ありがとうございました。後ほど、父の方から改めてお礼にお伺いしますから。
その時に、この子にかかったお金も払います・・・。」 と言ってきた。

そこで、少し納得し、飼い主のお嬢ちゃんは、やかましいポメを左手に、るんを右手に帰ろうとした。
るんは喜んで付いて行くでもなく、好きな方へ引っ張る。
Mさんの心配を残したまま、るんは飼い主に連れられて行った。

=========

で、飼い主宅へ尋ねて行った時のこと。

玄関に入って、まず“ドキッ”。
Mさんの姑さんと同じ「介護用紙おむつ」の段ボールが置いてあった。
きれいにサマーカットされた、うるさいポメがお出迎え。余りにもうるさいので、抱っこして押さえつけ、通された部屋には、あの愛くるしい眼をしたるんがいた。

あの後、室内に入れてもらったるん。
るんのリードが結ばれていた先は、そこのお家のおばあちゃんの車イスだった。
介護ベットに単座位し、Mさんにるんを「保護してくれてありがとう」というおばあちゃん。

要介護のおばあちゃん。お父さん。お母さん。娘。お父さんの弟の5人暮らし。
外には自立して出て行ったが、近くにいるらしい長男が一人。

お父さんは、「あ、あ、どうも、こんにちわありがとう」の挨拶だけで消えたらしい。
着ていたアロハシャツと少年のようなキャップをかぶった色黒の中年というイメージしかない。(楳図かずお似) るんの事を感謝しているのは、おとうさんではなかった。

お嬢ちゃんは、るんに関心なし。ポメだけが好き。

お母さんは、仕事・介護・家事、すべて一人で頑張っていた。
義母の介護、居候の義弟の借金の返済、バカ旦那、バカ娘の世話。
そしてるんの世話。

「どれか一つでもだれか手伝ってくれたらいいのですけど・・。」 というお母さん。
それを聞きながら、客の前で、畳にだらしなく座り、ダラダラする娘。
お父さんは、「Mさんの家で飼われれば良かったのに」と言ったそうだ。

「私の毎日の忙しさの中で、犬は正直、負担でしかありませんでした。
誰か、手伝ってくれればいいのだけれど・・・。
この毎日の中で、気にはなりながら、散歩もろくにしてませんでした。
仕事から帰って、犬舎の周りにウンコが散らばっているのを見ても、可哀想とは思いながら、やる事がいっぱいで・・・。
そんな中で、こじろう(ポメ)は家の中で可愛がられ、お洋服も専用のクローゼットにたくさん買ってもらい、リッチにはお洋服なんて一枚もないんですから。」

というお母さんに、お嬢ちゃんは、「おかあさん、こじろうが嫌いなんだよね~♪」と言う。

お母さんは、「そうよ、わたしこの子、わがままで好きじゃない。だって、外でリッチは、雷を怖がって、カラスにいじめられて、さみしかっただろうし。」と言う。

ニタニタする娘。

るんは、外で飼われながら、忙しすぎるお母さんに片手間に世話されるしかなかった。 お母さんに甘え放題の家族にとって、老犬リッチは、外にいる“ただの犬”。一方、家族は、新しく来た室内飼いのポメを愛し、可愛がり、家族として触れ合った。

リッチは、雷を怖がり、吠え、耳の傷の匂いにカラスに襲われ、吠えていた。
そう、リッチは耳に腫瘍があるのだ。

逃げ出した前日も吠えていたそうだ。
自分の耳の傷口を襲い来るカラスに「やめて!やめて!」と吠えていたのか?
「うるさいから」と、誰かが庭に入り込み、リッチのリードをはずしたそうだ。

「見違えるようになって帰ってきたリッチを見て、できる限りしなくてはいけないと思いました。いろいろ教えて欲しいです。今まで本当にこの子が可哀想と思いながらも、何もできなくて。
今回のいなくなったときも“どこかで死んでいるかもしれない”と思っていたんです。
でも、帰ってきたこの子を見て、・・・この子の名前を付けたのは私だったのに・・・。」
と、お母さんが言った。

これからはリッチを、できる限り可愛がってくれることを約束してくれた。
Mさんもできる限り協力しますと言ってきた。

Mさんは言った。
「犬を飼っていて、犬に飼われてはいけないんです。
辛くて嫌々散歩に行っても、その気持ちはリッチに伝わります。
お互いに苦痛です。そうじゃなくて、リッチがいるから、今、このストレスが和らぐ、癒されるという存在にして、お互い必要な命になって欲しいです。それができるのは、この家ではお母さんしかいないと思いますから。」

ここでいいのか?
これでいいのか?
と疑問はあったそうだ。


《ひどい再会へと続く》

約1年がたったつい先日、リッチのお母さんから電話が来た。
lun06.jpeg


「姑が脳梗塞になり、ますます介護が重くなって、リッチのいた2階に移したため、リッチはまた外に出しましたが、耳の傷が悪化して匂いもひどくて、Mさんにお願いしたい」

とりあえずリッチに会いに行った所、あまりのひどさに、すぐに病院に連れて行った。
耳の腫瘍は、悪性の腫瘍だった。
骨には付いていなかったので、腫瘍をそこだけ取る手術をし、現在、入院中。
lun07.jpeg


lun09.jpeg


lun08.jpeg


飼い主は、「無責任」・「飼育放棄」と言えばそのくくりに入るのだろう。
アメリカなら動物警察が間違いなく逮捕する案件だ。
Mさんいわく、お母さんは、精一杯やって、その程度の飼育能力しかないということ。

ただ、一点、去年助けられなかったわんこの、あんぽんたん飼い主よりマシなのは、犬が死ぬ前に連絡してくれたこと。
体裁のために、飼育放棄という虐待を隠す人間は多いから。

ただいま、一時預かりと里親さん募集中。
里親さんといっても、看取りになるけどね。16歳のるんです。
スポンサーサイト

Comment

 

いろんな事情がからんでこういう結果になったんだと思いますが、正直言葉がでませんでした・・・。
でもるんちゃん、Mさんとのご縁ができていて本当によかったです。これからよい犬生が送れますように。言葉だけしか言えず歯がゆいです。
  • posted by イワノリ 
  • URL 
  • 2008.05/18 01:49分 
  • [Edit]

シロつながり 

Mさんは私と同じ名字、そして、お互いに白い犬を保護したことが縁で知り合いました。イワノリさんもシロつながりですもんね。
シロたんが、つなげてくれた人間のご縁です。

No title 

日本にもアメリカのような動物警察があったら飼育放棄とみなされ逮捕されますね。お母さん1人でなにもかも背負って御苦労なさっていることに同情しますが、いい大人が他に3人もいてるんちゃんのお世話ができないはずはないでしょう。

まいさん、「あんぽんたん飼い主」だなんてもったいない
私ならこういう飼い主は「あほんだら飼い主」と言いますね
  • posted by 撫子まま 
  • URL 
  • 2008.05/19 09:06分 
  • [Edit]

あほんだらですね 

飼われているからといって、幸せじゃない犬は、ホント多いですよね。
ほんだらですね。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

まいねーさん

Author:まいねーさん
犬3匹+猫12匹(保護犬猫含む)のシッポたちの飼い主。
細々とボランティア活動を続け、犬猫を養うために働いている。派遣会社から印刷関連へ移って早8年目。
韓ドラ大好きで、ハッピーエンドもののラブコメが好み。
ツボにはまる男子は、声、手、笑いジワ、えくぼなり。
絵はカレン・ホイプティング、ニコライレーリッヒがお気に入り。最近は、ヒーリングの勉強中。犬猫へのヒーリングがメインだけど、人間もやりまっせ。現在は、職業じゃないので無料です。

■ペットアドバイザー(愛玩動物飼養管理士1級)
■東京都愛護推進員

ただいま里親募集中!

里親探しは、信頼できるこのサイトから! 毎日更新中

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。