シッポたちとの日々

毎日忙しく働くかたわら、犬猫11匹と暮らす。 時には犬猫を保護したり、里親探しをしたりの日々。 里親探しや日々思うことについてのページです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロたんのこと

2006年に保護してから早3年。
01_20091115220721.jpg

今までに何件か、シロたんにお話がありましたが、条件が合わ
なかったり、双方の思いが違ったりして、良いご縁に恵まれま
せんでした。
というのも、今の保護環境が、とても良かったからです。

02_20091115220720.jpg


お留守番の時間がほとんどなく、1日3回以上お散歩に行き、
基本的にいつも目の届く場所にシロがいます。

ごはんもフードと汁物&お肉のトッピングなど、半分手作り食です。
同居犬猫もいません。
03_20091115220720.jpg


預かりのマサさんとは、今よりも条件の良い方であれば託そうと、
話していました。

シロたんの将来を考えると、私もマサさんも、シロたん
の介護、医療費を含め、最期を看取るまでの覚悟ができませんでした。

シロたんは宙ぶらりんのまま、この3年間を過ごしていたのです。

04_20091115220720.jpg

最初の頃は、シロたんを我が家へ連れて来ると、リラックスして過ごして
いましたが、前回の滞在では、1時間もしないうちに、玄関でヒンヒン言って、
帰りたがりました。家の中でもウロウロして挙動不審。
06_20091115220720.jpg


まるで、慣れている野良さんを家に入れた状態(って一部にしかわかんないよね)

彼の目は、一心に見えないマサさんを見つめていました。
もうシロは、すっかりマサさんの犬になっていたのです。

07_20091115220720.jpg

実は、最近、シロにとても良いお話が舞い込みました。
10_20091115220747.jpg

もう、最初のメールでピカイチとわかる方でした。

本当だったら、こちらから犬をお願いしたい希望者です。
でも、結果、お断りしました。

11_20091115220747.jpg


理由は、いくつかありますが。

まず、第一に、シニアになっているシロたんが、心を開くまで
時間がかかるということが、大きな懸念となりました。

13_20091115220747.jpg

今までに脱走も数回ありました。
14_20091115220747.jpg

お散歩の時に、首輪がすっぽ抜けたことがあります。

ジャンプして、さらに1回転して首輪抜けをするのです。

16.jpg

この時は、土手に走り、ジグザグに思い切り走った後、私の元へ
帰ってきましたが、暗闇の中、草が動くのが見えるだけで、
とても追いかけられる速さでもなく、途方にくれた数分でした。

また、嫌いな人には、嫌い!と態度で示します。

近所の小学生には吠えますし、飛び掛ろうとします。

18.jpg

このタイミングを察して、事前にやらないようにすることは、すごく
大変です。犬に対してもそうです。
19.jpg


譲渡先で脱走があると、毎日、遠方へ出向き、捜索のお手伝い
をすることはできません。
28.jpg

また、シロたんには、前の飼い主さん、そして今の飼い主同様の
マサさんから、二度捨てられる体験をさせることになります。
一度、捨てられた犬は、大小を問わず、心に悲しさがあります。
27.jpg

里親さんに犬を託す時までに、家庭犬としてなじませ、教育し、
健康にするのですが、犬にとっては、心を開いた人に、悲しい
思いをさせられるのです。でも、そういう思いをさせても、犬が
幸せになるという信念があるから、里親さんに託すのですが、
今回はできませんでした。
20.jpg


希望者の方は、こちらからお願いしたいと思う方です。
環境や経済的な面はもちろん、「この人は犬を守ってくれる人だ」
という確信が、最初のメールで感じられました。
21.jpg

シロたんの場合、保護期間が長すぎたんですね。
シニアに差し掛かってから、慣れ親しんだ人にサヨナラされるのは辛い。

22_20091115220806.jpg

新しい飼い主さんは、愛情をかけてくれるでしょう。
でも、シロたんは、マサさんとの別れを、すごく悲しむでしょう。
マサさんも同じです。
25.jpg


ま、理屈よりも、色々な思いが重なり、今まで通り、マサさんと二人で
面倒を見ていこうということになりました。
なので、シロたんの里親募集は終わり。
26.jpg

希望者の方、シロたんのような子を探していらっしゃるそうです。
該当犬をご存知の方、教えてくださいね。
30.jpg
スポンサーサイト

Comment

No title 

あると思う。。軽薄なコメントで申し訳ナイデス

シロたん、シャイなシニアなんですもね。。。
  • posted by natto 
  • URL 
  • 2009.11/15 23:55分 
  • [Edit]

No title 

>nattoさん、

最初から、結構気を使う奴で、豪快にはじけるっていうことは
余りない子です。そういえば、うちの2匹もそうだが。

何年保護しようと、出せる子は出すべきだし、シロがこういう
性格じゃなければ、希望者の方に託したと思います。

うまく言葉にできませんが・・ 

私も、nattoさんと同じで「あると思う」
しろタンは、お留守番がなくていいね。
ハッピーは留守番だらけ。
私が仕事に行く時の諦めたような悲しい顔、
かわいそうだけど、どうにもできない。
たぶん、これからもずっと続く現実。

もし、あの時、迷子のまま会えないままで
優しい保護主さんのもとで暮らしていたら・・・。
もしかしたら、ハッピーにとって
真の安心と幸せが待っていたのだろうか・・・。
そんなことを考える時がある。

でも、出会いのキッカケはどうであれ、
今、こうして一緒に暮らしている。
これからも、ずっとずっと一緒に暮らしていく。
それだけで、十分かな・・・とも思う。

しろタンの今まであったたくさんの出来事を
なつかしい写真と共に思い出しながら、
心臓ドッキドキで読みました。
最後、ホッとした。
まいさん、まささん、素敵な記事をありがとう。
  • posted by ハッピーママ 
  • URL 
  • 2009.11/17 00:25分 
  • [Edit]

No title 

> ハッピーママさん、

うちも留守番だらけです。
悲しい顔をするので、着替えとか出かける時には、
私は犬たちには会いません。
どうしようもないことは、自分が負い目に感じても
仕方がないし、彼らのために稼がないとねっ。

長い時間一緒にいることが幸せなのか?
短い時間でも、密度が濃い時間を過ごせるのでは?

そう思いつつも、我が家のシッポたち、もっと頑張って
里親さんを探していたら、1匹でもっと可愛がってもらえ
たかも。。。と思うことがあります。

でもね、そうだね、一緒にいられることだけで幸せかな。

No title 

3年・・・長い月日でしたね。
日本犬系は特に飼い主に忠実な分、新しい家に馴染むのが大変なように思います。
いつものシロたんの笑顔を見ると、今いる場所が、安心していられる場所なんだろうと思ってました。
まいねーさん、まささん、これからシロたんが年を重ねるごとにお世話も大変になると思いますが、応援してます。
いつでも相談に乗りますよ(頼りないけど:笑)
里親希望の方もはやく赤い糸がつながりますように

ご無沙汰してます 

久しぶりに覗きにまいりました。
しろたん可愛いですね~。

ワンコのメンタル面って難しいけど大切にしたいですね。
ウチは14歳のワンコ二匹&13歳一匹がいます。
保護犬です。

きっと飼い主がいたんだと思います。
明るい性格のワンコ達ですが、どこかにおびえが有るような、
特に留守番は堪えるようです。

ウチのワンコで尿路結石の手術をしたワンコがいるんですが、
手術後初めて食べた療養食をいまだに嫌がってます。
そしてガクガク震えてしまいます。

ショックはおおきいですね。


難しいですよね。
ワンコの不満が理解したい今日この頃です
  • posted by moto 
  • URL 
  • 2009.11/18 12:16分 
  • [Edit]

No title 

しろたんが自分で赤い糸をまささんにくくりつけたんですね
だったら無理にほどかなくていいですね。

撫子と暮らして2年半。
私以外の家族だって散歩に行くしごはんもあげてくれる。
もちろんとてもかわいがってくれている。
信用してないわけじゃないのよ。
でも、撫子が向こうから来たワンコにガウンチョしそうな空気
万が一首輪がすっぽ抜けたときのおびき寄せのしかたなど
私じゃなきゃ。。。という思い込みがあります。
過保護といわれてもいいの。
  • posted by 撫子まま 
  • URL 
  • 2009.11/18 22:04分 
  • [Edit]

Happy 

シロたんの幸せがどこにあるのかな~と思うと難しいですね。
くーちゃんが今幸せかなと問われるとイエスと答えたいですけど
くーちゃんの心の中には入れないし飼い主の自己満足に終わってしまうのかもしれません。でも飼い主が幸せって思うのは、それだけその子を愛しているから思うのでしょうから、その子もきっと愛されていることをわかっていると思います。いちばん愛している人がその子のそばに居てあげるのが、その子にとっていちばんの幸せでしょうね。う~ん、なんかわかるようでわからない話ですね。ごめんなさい。

はじめまして♪ 

こんにちは。はじめまして。
北海道からいつもシロタンの愛嬌あるお顔に和まされていたものです。

とてもとても難しい決断だったと思います。
でもきっと双方幸せになれると言うことが重要なんですよね。

ところで、わたしがいつも見ているブログ「チロチロ日記」に
大福くんという真っ白な毛の、カワイイMIXわんちゃんが赤い糸をさがしているそうですよ。
シロたんよりは少し大きめな感じですがとってもチャーミングです

ご存知かもしれませんが覗いてみてください♪
  • posted by りん&ゆまママ 
  • URL 
  • 2009.11/19 16:25分 
  • [Edit]

No title 

> ミスママさん、

3年は長いですよね~。
シロたんは、日本犬で成犬で、ニュース性もないので、
長期保護になることはわかっていました。
だから、できるだけ保護を避けていたんです。
結局は覚悟を決めて保護しましたけど。。。

でも、繊細で、とってもおもしろい奴でラッキーでした。
介護になりそうな時には、お知恵を拝借するかも。
あ、でもシロたんの前に、くーさんかな。

No title 

> motoさん、

ご無沙汰です。
14歳と13歳ですか。
毎日、穏やかに、ずっと元気でいてほしいですよね。

わんこのクセや嫌がることって、わんこの経験によるものが
多いんですね。
人間のリーダーシップも大事だけど、気持ちも大事にしたい。
アニマルコミュニケーターがうらやましいです。
でも、わんこの不満がわかったら、人間が凹む気もします。
気持ちを察しながら、試行錯誤することが大事なのかもしれません。

療養食を嫌がる子、記憶力がいいんですね。
繊細なのかな。
和系のわんこですか?

No title 

> 撫子ままさん、

なでこさんのもしもの時は、やっぱり撫子ままなんだろうな。

マサさんと私も、きっとシロへの気持ちや対処の仕方が違うと
思います。
感じ方も違うし、シロたんはきっとこう思っているだろうという
部分も違うかもしれません。

シロたんだって、人によって違いますもんね。
マサさんのお母様とお散歩の時は優しいです。
マサさんとはぐいぐいとイケイケモード。
私とは、ビクビク私を気遣いながら。。。(^-^;)

No title 

> CRINさん、

希望者のメールに、「あらゆる角度から比較すれば、双方好ましい
面とそうでない面を併せ持っている事はやむ終えない事であり
『完璧』もまた有り得ません。」とありました。
まさにそうだと思います。

くーちゃんは、顔に「しあわせ」って書いてありますよ。
そういえば、おめでとうございます。
こーちゃんがやってきた意味がやっとわかりました。

No title 

> りん&ゆまママ さん、

はじめまして。
コメントありがとうございます。
北海道というと、私の知っている人のお知り合いかな?

シロたんが里子に出れば、また保護したい犬がいたら、マサさんに
頼れるかも。
シロたんが里子に出れば、また保護したい犬がいたら、私も動けるかも。
そういう気持ちもあったのです。
とにかく、犬猫は、たくさん抱えない方が良いですもんね。

「チロチロ日記」、さっそく希望者の方にメールしました。
大福ちゃん、幼いのにおっさん顔で、愛嬌がある可愛い子ですね。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

まいねーさん

Author:まいねーさん
犬3匹+猫12匹(保護犬猫含む)のシッポたちの飼い主。
細々とボランティア活動を続け、犬猫を養うために働いている。派遣会社から印刷関連へ移って早8年目。
韓ドラ大好きで、ハッピーエンドもののラブコメが好み。
ツボにはまる男子は、声、手、笑いジワ、えくぼなり。
絵はカレン・ホイプティング、ニコライレーリッヒがお気に入り。最近は、ヒーリングの勉強中。犬猫へのヒーリングがメインだけど、人間もやりまっせ。現在は、職業じゃないので無料です。

■ペットアドバイザー(愛玩動物飼養管理士1級)
■東京都愛護推進員

ただいま里親募集中!

里親探しは、信頼できるこのサイトから! 毎日更新中

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。