シッポたちとの日々

毎日忙しく働くかたわら、犬猫11匹と暮らす。 時には犬猫を保護したり、里親探しをしたりの日々。 里親探しや日々思うことについてのページです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らなかった!

先日、久しぶりに大学時代の仲間に会った。
仕事で疲れ、猫の里親探しで疲れていた日々だったが、久しぶりに心の底から笑った。
あ~、戻ってきたという感覚。信頼できる人たち。
帰りも疲れは感じず、遅く寝たのに翌日もすっきり。笑いはエネルギーだね。

ところで、私の尊敬する猫の大家、石田先生によると、東京近郊の猫は半分以上が400倍以上のコロナウイルス抗体価を持っているそうだ。
そして、抗体価はFIP発症と無関係なんだって~。
8年前、我が家に入れたラスティは、抗体価が25600あった。
ボランティアでお手伝いに行っていた現場には、エイズや白血病キャリアが多く、抗体価が高い子から発症したり、FIPで亡くなっていたので、私は大騒ぎして、プロポリスを飲ませたり、免疫力が上がる食べ物を食べさせた。
先住猫も抗体価が100から6400へ上がり、ずいぶん心配した。
その後、抗体価が高くても、必ずしもFIPになるわけではないと知ったが、純血種の猫さんは成体になる前に抗体価が高いと、FIP発症率が高いように思えた。

でもでも、先生によると、FIP発症とコロナの抗体価は無関係なのだそうだ。
発症したら、必ず死亡するため、治療しても絶望的と思っていたのに、猫インターフェロンで治療できる可能性もあるらしい。
これって、ものすごい朗報だ。

白血病はワクチンがある。
ワクチンがない猫エイズも、すぐに死ぬわけではない。免疫力が下がるため、色々な病気を発症しがちだが、ゆっくりとした速度である。
でもFIPは怖い。人間は苦しむ猫を見守るだけで、打つ手がないと思っていた。
先生の研究はすごい。本当に尊敬する。

日本は世界一の猫エイズ国だそうだ。ちょっと前に、プレーリードッグやアライグマからの狂犬病で騒がれたことがあったけど、好きなように輸入して捨てた結果じゃないの。
SARSの時にはハクビシンが話題になったけど、ハクビシンを調べてビックリ。
一番多いのは、駆除会社よ。
フルーツを主食にするから、畑が荒らされるらしい。
子猫の保護はよくあるけれど、ハクビシンの子の保護も最近よく聞く。
行政に電話しても、動物園に電話しても、「野生動物は元いた場所に放せ」と言われる。
埼玉県に遊びに行って、保護して東京都へ持ち帰っても、都内の動物園や行政は、「管轄は埼玉県だから」と言うだけ。

人間の感染症も猫の感染症も、予防できるのではないか?
人間が何かをやりすぎた時に、警告として出てくるのが感染症なのではないかと感じる。

今日の話は、ちょっとマイナーかな。

石田先生プロフィール
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

まいねーさん

Author:まいねーさん
犬3匹+猫12匹(保護犬猫含む)のシッポたちの飼い主。
細々とボランティア活動を続け、犬猫を養うために働いている。派遣会社から印刷関連へ移って早8年目。
韓ドラ大好きで、ハッピーエンドもののラブコメが好み。
ツボにはまる男子は、声、手、笑いジワ、えくぼなり。
絵はカレン・ホイプティング、ニコライレーリッヒがお気に入り。最近は、ヒーリングの勉強中。犬猫へのヒーリングがメインだけど、人間もやりまっせ。現在は、職業じゃないので無料です。

■ペットアドバイザー(愛玩動物飼養管理士1級)
■東京都愛護推進員

ただいま里親募集中!

里親探しは、信頼できるこのサイトから! 毎日更新中

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。